バイアグラ、シアリス、レビトラ|3大ED治療薬とは

ED治療薬といえばバイアグラ・レビトラ・シアリスが人気

ED治療の救世主・バイアグラ(シルデナフィル)

ファイザー製薬社が1998年にED特効薬・バイアグラを発売するまでは、ED・インポの治療には漢方薬や精神科医のカウンセリングがメインでした。漢方は長期服用で高い効果を発揮しましたが、費用面での負担が大きく、一般的には選択の難しい治療法です。また精神科医のカウンセリングは効果が薄く、安定剤を処方しますが実績が上がりません。その様な状況で登場したバイアグラは革命的でした。あっという間に世界中に広まり、各地でED患者の改善が報告されたのです。バイアグラの有効成分は血管拡張作用と勃起解消酵素の阻害効果に優れたシルデナフィルクエン酸塩で、タブレットには25mgと50mgと100mgが用意されています。日本では25mgと50mgの処方が認められていますが、処方は健康保険適用外ですので自己負担になり、その為に費用が掛かります。効果については、服用後30分あたりから効いてきて、4時間前後をもって効果が半減していきます。またバイアグラは空腹時に服用することで効果が大きくなるため、デートの時の食事も含めて服用タイミングを考える必要もあるのです。その点では心因性EDの方は神経質になりがちです。ですが効果が発揮されればほぼ確実に勃起するので信頼性はとても高いと言えるでしょう。

バイアグラの改善薬・レビトラ(バルデナフィル)

バイアグラの服用タイミングの難しさと持続時間の短さを改善させたのがレビトラです。レビトラはイーライリリー社のクスリで、5mgと10mgと20mgの錠剤を用意しています。レビトラの有効成分・バルデナフィルは、服用後15分から効き始める俊足タイプで、性行為直前に服用できます。その為に事前に飲むタイミングに困りません。つまりベッドインする時に飲んでもOKという事です。また持続時間が最大10時間ありますから、慌てずにリラックスするタイミングまで待つことが可能です。

最も人気のあるシアリス(タダラフィル)

シアリスはED治療薬でもっとも人気の高い売れ筋ブランドです。こちらもレビトラと同じ製薬会社のイーライリリー製です。タブレットは10mgと20mgで、20mgでは最大で36時間も持続します。そこでED治療の夫婦には金曜の夕方に飲んで、その夜から土曜の夜中までたっぷり時間をかけて取り組むケースが増えています。この余裕が心因性EDには大きなメリットになっています。