バイアグラって何種類あるの?100mgがあるって本当?

圧倒的な人気のバイアグラには3タイプがあります

ED治療薬・バイアグラは症状に合わせて3タイプから選べます!

世界初のED・インポの特効薬であるバイアグラは、1998年の販売当初から世界中で大好評となり、その販売規模は膨大なものとなりました。と言いますのも、それまでは勃起不全に対する確実な治療薬がなかったからです。もちろん漢方ではオットセイやスッポンや冬虫夏草にツバメの巣、高麗ニンジンなど精力・性機能の回復薬はいくつもありましたが、どれも遅効性で長期服用が必要でした。もともと高級な漢方素材ばかりですから費用的な負担で継続が難しいのです。しかしバイアグラは1錠1000円台で購入でき、しかも服用後すぐに勃起力が得られるという確実性が受けました。もちろん対処薬ですから、効き目が終われば元のEDに戻る事は知っておきましょう。現在バイアグラには25mg錠・50mg錠・100mg錠がありますが、日本では厚生省の認可によって、医療機関が扱えるのが25mgと50mgだけになっています。もし100mgを利用したい方は個人輸入でネット通販から購入する事になります。ただし個人輸入は自己責任の取引です。何かあっても自分で解決する必要があります。

バイアグラがED・インポを改善するメカニズムとは

バイアグラがEDに効果を発揮するのは、その有効成分であるシルデナフィルの働きによります。シルデナフィルは血管と酵素に働きかけます。まず血管の拡張作用によって陰茎海綿体の動脈と毛細血管を大きく広げます。これによってたっぷりの血液が陰茎海綿体へと流れ込み、力強い勃起力が得られるのです。ちなみにED症状の方には血管が縮小しっぱなしで、しかも毛細血管がズタズタに切れている方が多く見られます。バイアグラは一時的に血管を広げますが、根本治療としてはアルギニンやBCAA系アミノ酸、亜鉛、抗酸化物質の定期摂取で血管の修復を進め、血液のサラサラ化も含めたケアが必要です。またシルデナフィルには勃起阻害酵素であるホスホジエステラーゼ5の働きを弱める効果があります。この酵素は勃起中も絶えず分泌されていますので、それをストップさせるだけでも勃起持続力が違ってきます。この効果も薬が切れれば消えてしまいますので、普段から男性ホルモン・テストステロンの分泌を高める事で根本治療が可能です。そこで性行為の時はバイアグラを使用して確実に勃起状態をキープし、普段は先の効果を持つ漢方系の精力サプリを定期服用してケアすると良いでしょう。