バイアグラ25mg、50mg、100mgの違い

バイアグラにはシルデナフィル含有量が違う3タイプがあります

25mg・50mg・100mgのどれを選べば良いのでしょうか?

ネット通販でバイアグラをチェックすると、25mg錠・50mg錠・100mg錠の3種類が見つかります。そこで利用者の皆さんにはグラム数が多い方が効き目は高くて便利だと思うかも知れません。それはちょっと早計で、実際に3タイプのタブレットがどう違うのかを効果や副作用の面からチェックしてみましょう。
バイアグラの3タイプの錠剤ですが、有効成分・シルデナフィル含有量が少ない方から25mg・50mg・100mgと分かれています。ちなみに日本では厚生省が認可済みの25mg錠と50mg錠が医療機関で使用されていて、医師の診察の上で処方される事となっています。バイアグラ100mg錠は国内の薬局では販売されていません。利用したい方はネット通販による個人輸入で購入する事ができますが、100mgは日本人の小さめな体形には効果が強すぎる傾向があり、人によっては強い副作用がありますから要注意です。

ED治療効果のあるシルデナフィルの含有量で異なる効果

このバイアグラの3タイプは、どれも成分自体に変わりはありません。ED治療効果・勃起作用のあるシルデナフィルの含有量が変わるだけですから、3つとも血管拡張による血行アップと勃起阻害酵素の働きを抑制する効果は一緒になります。ただし、含有量の多い錠剤ほど効果は高まりますし、継続時間が長くなります。それと共に副作用も強くなるので使用上の反応には十分に注意をしましょう。

病院の処方で多いのはバイアグラ50mg錠です

バイアグラは空腹時の服用で、30分後あたりから効果が出始めます。この点では25mgでも50mgでも100mgでも変わりません。ですが血管拡張作用や勃起力の効果は25と100では4倍違う事になり、もともと低血圧気味の方は気を付けましょう。またED症状が軽い方も効き過ぎてしまうかもしれません。『効き過ぎ大歓迎!』と思う方は要注意で、フル勃起以上の充血はデメリットです。またその分大きな副作用が出て、とても性行為に集中できなくなる危険もあります。そして効果持続ですが、25mgは4時間程、50mgでも5時間がリミットで、100mgならば8時間ぐらいまで持ちます。そこでEDクリニックでは効き過ぎを避けるために、手始めに50mgを処方する様にしています。強すぎるようなら25mgに落とす事も良くあります。