勃起不全(ED)とは?

日本中で勃起不全の恐怖が!その実態と原因を徹底解明

日本人男性の勃起不全・ED率が急増しています

現在の日本のED患者は推定1800万人以上とも言われていて、成人男性の3人に1人がED症状にある事を表わしています。これは現在のセックスレス・カップルや草食系男子の急増を見ても分かるでしょう。このEDとはErectile Dysfunctionのイニシャルで、広く勃起不全を意味しています。いわゆるインポテンツ(勃起不能)よりも広義の意味で使われていて、中折れや勃起力が不十分で挿入が難しいケースも含みます。つまりある程度の勃起状態があっても、ちゃんとセックスが行えない男性の場合も含まれています。またED症状は男性のやる気や積極性を奪う傾向にあり、プライドが破壊されて精神的な落ち込みを伴う厄介な病気です。放っておくと日常生活でのモチベーションが発揮できない事態にもなりかねません。

ED・勃起不全の原因と症状

ある日突然勃起力が低下して、それまで楽しめていたはずのセックスが成立しなくなった経験を持つ男性がたくさんいます。このように、EDは気が付かないうちに症状を表わす事があります。その原因の一つが性的トラウマです。性経験の未熟な若年層男性が、相手の女性にペニスが小さいとか包茎とか早漏などとバカにされたり、性テクニックが下手だと指摘されることでプライドが挫かれ、それで性行為に自信を無くしてしまう事があるのです。また極度の潔癖症の男性では、女性の体そのものに嫌悪感を抱いて、それで性的刺激に反応できない事もあります。この場合は性的興奮状態に至らないケースが多く、勃起そのものが始まらない方が多いです。あるいは興奮度が低いために男性ホルモン・テストステロンの分泌が低下して勃起状態が弱いとか、中折れになるケースもよく見られます。この男性ホルモンの分泌低下は加齢や慢性疲労、ストレスの蓄積によっても生じます。また前立腺肥大や尿道炎に糖尿病でも性機能的なED症状が出ます。最近では精子量が少ないとか精子の活力が弱いために勃起力が十分に得られない方もいて、食生活・睡眠習慣の改善の必要も求められているのです。

ED治療の現場では

EDクリニックではバイアグラやレビトラなどのED治療薬投与によって治療を行います。ただしこれは対処治療といって、これだけでは復活しない事も多くあります。そこで同時に精神安定剤や早漏治療薬を併用したり、精力増強・滋養強壮の精力サプリで体質改善を図る根本的な治療も効果的とされています。