日本人男性にはサイズより早漏で悩んでいる割合が多い

日本人は短小包茎と言うけれど、実は早漏の悩みはもっと深刻!

男性機能早漏症の患者数は500万人?

セックスの時に挿入してわずか1~2分で射精してしまう方は、医学的に見て早漏症と呼ばれます。ましてや挿入前に射精する方も少なくありません。これは心因性早漏症と言って、脳内の性的興奮がコントロールできない事で生じます。つまり興奮し始めたら、あっという間にエクスタシーまで突っ走ってしまう症候群だとも言えるでしょう。ちなみに日本時の性的悩みのトップは短小・包茎とされています。確かに仮性包茎を含めると成人男性の6割以上が当てはまりますから、大きな悩みという事ができます。また短小に関しても、日本人の平均は勃起時で13センチ、通常ですと8センチとなり、勃起サイズが10センチを下回る方は劣等感や挫折感を味わっているかもしれません。ですが日本女性の膣の深さは8センチ平均という事で、実は10センチでも事足りるのです。多くの女性が10センチ以上あれば文句はないというアンケートもありますから、悩みの深刻さはむしろ早漏の方が重いかもしれません。現在、早漏を苦にしている男性は500万人以上もいるとされています。そのせいでセックスレスや、また女性と付き合うのをやめてしまう男性もいる事でしょう。

早漏やEDの悩みに関して男性はかなりナーバスな生き物

性行為は快楽を分かち合う愛情表現であると同時に、子孫を造る大事な役目もあります。そこでEDの男性は子造りができないというミジメさで、男としての自信が崩壊する傾向にあります。また早漏は、愛する人と快楽を分かち合えないという精神面での劣等感でミジメな思いをします。ただし早漏もEDも、今の医学では十分に対処が可能です。最近はどちらにも特効薬が開発されていて、それを性行為前に服用するとしっかり勃起ができますし、射精までの持久力も確保されます。こうして成功例を重ねる事で自信が付いてきて、自然とEDや早漏から回復する事ができます。あるいは根本的に体質改善をし、健全な体と精神力を回復させれば、もっと力強いセックスを楽しむ事も可能でしょう。その点では普段の生活習慣の見直しが肝心です。慢性疲労や凝り固まったストレスを解消して、元気な気持ちで性行為に臨む事が一番でしょう。その為には早漏治療薬やED治療薬を利用するだけでなく、精力サプリを毎日服用して徐々に体力・体機能の回復を進める事が効果的です。この様に、自分の体を丁寧にケアする事が性的な悩みを解決するもっとも良い手段になります。